YouTubeチャンネル活用できてる?動画編集はプロにおまかせ

YouTubeチャンネル活用について

会社が「中の人」を設定しSNSを運用することも珍しくなくなってきた昨今。YouTubeチャンネルを開設して、自社製品やサービスの紹介動画を投稿する企業も増えています。

それに伴って、動画制作や編集の難しさに悩む声も聞かれるようになりました。

YouTubeの活用法と企業イメージの向上につなげられる動画制作について、データを元にご紹介したいと思います。

 

YouTubeチャンネルはどうなれば成功か

youtuber

そもそもYouTubeチャンネルは、どのような状況で運用すれば「成功した」と言えるのでしょうか?

YouTubeチャンネルは、動画をアップロードするために必要なものです。とはいえ、誰でも無料で開設できるのでアカウント取得に関して初期費用や維持費は必要ありません。

YouTube運用は、言わば無から有を生むプロモーションといえます。

成功の鍵1:チャンネル登録者数

SNSのフォローに相当する、チャンネル登録。

登録者数が1,000人以上、総再生時間数が4,000時間以上になると、動画の収益化も可能になります。チャンネルの登録者数は、企業のファンの数ともいえるため、登録者数が多い企業チャンネルは成功しているといえます。

成功の鍵2:再生回数

言うまでもなく、再生回数の多い動画は多くの人から必要とされ支持されている動画です。チャンネルに、再生回数の多い動画が複数本あれば自然とチャンネル登録者数も増えると想定されるため、まずは「繰り返し閲覧される動画」、「拡散されやすい(バズりやすい)動画」の制作を目指すべきです。

成功の鍵3:視聴者維持率

視聴者維持率は、動画を最後まで視聴していた人の%を示す数字です。

高い維持率の動画が多いほど、良質なコンテンツを提供しているとみなすことができます。

投稿した動画の状況は、「Youtube Studio」内のYouTubeアナリティクスからチェックすることができます。離脱ポイントや、繰り返し視聴されたポイントも確認できるので、よりよい動画編集のために役立ちます。

総合すると、YouTubeチャンネルは、チャンネル登録者数、再生回数、視聴者維持率のという3つの数字によって評価できるというわけです。

 

登録者数アップを目指す 成功する動画制作のポイント

登録ボタン

では、成功する動画はどのように制作すれば良いのでしょうか?

重要なのはターゲティングとテーマ設定、分析です。

広く浅くでは通用しない。ターゲットを見極めて

TVCMや雑誌広告は、老若男女できるだけ多くの人に興味をもってもらえるコンテンツを作る必要があります。

ですが、YouTube動画では、万人受けを狙っても上手くいきません。情報を検索して求めている人、必要としている人にダイレクトアタックできるコンテンツを制作することがファン(登録者)を増やすことにつながっていきます。

そのため、動画制作の前にチャンネルで獲得したいターゲット層を設定しましょう。

できることとできないことを整理してテーマを決定する

自社製品やサービスを人気アーティストが紹介する動画が作れたら、アーティストのファンが何回も繰り返し視聴し、SNSで拡散するかもしれません。

ですが、それを実現するのは多くの企業にとって難しいはず。

また、YouTubeを積極的に閲覧する若い世代はステマ(ステルスマーケティング)を快く思っていないことが多く、過剰に自社を賛美するような動画は、却って企業イメージを損なう結果にもつながりかねません。

これらの背景をふまえて、自社だからこそ発信できるテーマを探していくべきです。

競合チャンネルを分析し自社しかできないことを

どのような企業も同業他社があるように、どのようなニッチなテーマでも競合コンテンツはあります。

競合コンテンツにはないアピールポイントを作ったり、自社ならではの視点で切り取ったりして、独自性のあるコンテンツを目指しましょう。競合ジャンルでなくても、人気の企業チャンネルを分析して良いところはアレンジして取り入れていくなど、地道な努力も必要です。

 

コンテンツが溢れる時代、クオリティが高いのは当たり前

動画撮影

YouTubeには今この瞬間も、あらゆる動画が投稿されています。

2021年8月のチャンネル登録者ランキング上位者は、いずれも累計2,000~3,000本の動画をアップロードしています。数多くの高クオリティ動画が公開されているため、音が割れていたり編集が良くなかったりする動画はすぐに視聴されなくなってしまいます。

一生懸命動画編集をしても、「出来が良くない」、「真面目すぎてつまらない」と評価されたらチャンネル登録者数も再生数も伸ばすことはできません。

 

動画編集はプロに任せて効率よく登録者を増やしましょう

動画配信

動画には、文字の5,000倍の情報量を盛り込めると言われています。

それは裏を返せば、制作にそれだけ工数がかかるということでもあります。

ノウハウなしに膨大な情報量を短い動画に盛り込むことはできません。コンテンツ制作に悩んだら、ASOBOADにお任せください。

ASOBOADならデザイン性の高い動画制作がリーズナブル

ASOBOADは、動画制作やモーションロゴの作成実績が多く、ノウハウを活かしたデザイン性の高い動画をリーズナブルに作成することが可能です。

低価格の理由は、選べるプラン。シンプルな短め動画から、しっかり作り込むグラフィカルな動画まで、3つのプランから最適な料金メニューを選べます。

シンプルプランは、編集内容お任せなのでスピーディ。YouTubeチャンネルを開設したから、とりあえず動画が必要!というケースにも即応できるプロの技があります。

制作情報提供だから自社の強みをアピールできる

動画編集・制作は、掲載文面や静止画などを提供していただき進めます。

自社の強み、一番のアピールポイントをダイレクトに動画に反映させられるから、自社制作と変わらぬ熱量を込めた動画が完成します。

ASOBOADは、幅広い業界で動画制作を手がけてきた実績とノウハウで、継続的なコンテンツ制作をサポートします。

ASOBOADはネット上で依頼が完結

動画制作は、ネット上だけで資料のやりとりや打ち合わせが可能なので、全国どこからでもご依頼いただくことができます。

テレワークやワーケーションの重要性が高まる今の時代に合った動画制作はASOBOADにお任せください。

動画編集の詳細はこちら

 

共感いただけましたら、いいね!シェアいただけますと幸いです。ブログやWEBサイトなどでのご紹介は大歓迎です!



サイトへのお問い合わせ・依頼各種デザイン作成について


ASOBOAD®(アソボアド)とは

広告・デザイン作成のASOBOAD(アソボアド)

ASOBOAD(アソボアド)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

デザインの見積もり・制作依頼

広告デザイン作成について

チラシやポスター・パンフレットなどの紙媒体広告制作から、WEBバナーや動画編集などのデジタル広告制作まで幅広く対応致します。広告デザイン作成料金・広告デザイン依頼の詳細はこちらから確認いただけます。

デザイン作成

デザイン作成料金のお支払いについて

カード決済対応デザイン費カード決済

デザイン費用・印刷料金などの支払い方法は、銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。

お問い合わせはこちら

印刷物のデザインから動画編集まで、様々な宣伝広告物の制作に対応しております。下記のフォームより気軽にお問い合わせください。

デザインの見積もり・制作依頼

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例デザイン総合情報誌「MdN」に制作サイトが掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

私たちができること

サービス内容、及びその制作料金や依頼の進め方についてはこちら。

各種サービス一覧

error: