2020年ロゴデザインのトレンド15選

ロゴデザイントレンド2020

2020年の半分が経過し、今年も多くのロゴがすでに誕生しています。ロゴデザインに特化したコミュニティ&ニュースサイト「LogoLounge」には世界中のデザイナーから毎年多くのロゴが投稿されており、LogoLongeのスタッフはそれらの情報を分析することで、毎年フレッシュなロゴのトレンドレポートを発信しています。

2020年ロゴデザインのトレンド15選

今回は、そんなLogoLungeから最新情報【2020年のロゴデザインのトレンド】を紹介します。本年度も丁寧にロゴレポートをまとめていただいた代表のBill Gardner 氏とスタッフの皆様に感謝です。(Thank you Bill and LogoLounge crew !! )※翻訳・編集・掲載許可をいただいています。

2019年のロゴトレンドはこちら


2020年 ロゴデザインのトレンドレポート

■はじめに

「危機」はしばしば社会やデザインのトレンドを加速させます。例えば、A地点からB地点に行くために10のステップがあったとしたら、危機の時には6から9までのステップをスキップすることになるでしょう。来年は、その結果として生まれたロゴがたくさん出てくると思います。素晴らしいものもあれば、そうでないものもあるでしょう。

しかし何があっても、デザイン業界はこの危機を乗り越えられると信じています。立ち直れない会社もあるでしょうし、適者生存ということになりますが、そうは言っても、小さなスタートアップ企業が出てきて、今まで見たことのないような才能が出てくることもあるでしょう。再編成し、自分のニッチを見つけ、新たな回復力を持ってこの状況から抜け出すでしょう。

危機を通じて、私たちは新しい働き方やビジネスのやり方を目にすることになるでしょう。リモートで仕事をしている間に、私たちは新しい種類の対面式の仕事で団結し、親密さを増してきました。人が近くで仕事をしているからといって、必ずしもつながったり話したりしているわけではありません。ZoomとFacetimeはビジネスの新しい規範となっています。私たちは今、以前よりも多くの人と話をしているのです。

このことのもう一つの派生として、大手通信会社やテクノロジー企業が、学生のeラーニングを支援したり、リモートワーカーの仕事を維持したり、これまで以上に多くのエンターテイメントのオプションを提供したりと、サービスを拡大し、リードしているのを目にするようになりました。

これは世代を超えて共有された経験であり、私たちが決して忘れることのないものです。私たち全員がそこから学ぶことができることを願っています。来年のロゴには、このことが反映されていることでしょう。

今年のロゴトレンドについて

今年のトレンドとしては、テクノロジーやツールを原動力としたデザインの革新に興味をそそられるものがいくつか見られます。

例えば、今年は可変フォントやエフェクトフィルターを採用したロゴデザインが多く見られます。デザイナーである私たちは、新しいツールが導入されると、明らかな効果から始めて、加工良さを客観化します(しばらくすると飽きてきますが)。幸いなことに、これらのツールを次のレベルに引き上げ、その能力を最大限に活用して、これまでに見たことのないような新しいロゴ体験を生み出したデザイナーたちの素晴らしい例がたくさんありました。

また、1970年代の最高の時代を彷彿とさせる正反対のトレンドも見られます。今年は太いフォントを使ったワードマークが大流行しましたが(ベルボトムやアフロなど)、これはおそらくここ5、6年で慣れ親しんだミニマルなサンセリフの美学に対抗するものです。

同時に、クリーンなポジティブ/ネガティブフィールドを持つ超ミニマリスト的イメージが多く見られますが、これは、ソール・バスポール・ランドのように、明快さとシンプルさに戻りたいという願望から生まれたものかもしれません(振り子は常に両方向に揺れています)。

手描きで描かれた、より粗野なナイーブなシンボルも登場しています。これは一種のニューエイジの投げやりな感じです。同じような流れで、花や葉を使ったロゴもあり、有機物や天然物を表現しています。今後数年で大麻市場が拡大していく中で、このようなロゴが増えていくことが予想されます。

グラデーションの解決策は横行していますが、それは新しいレベルに達しており、斬新な方法で応用されています。緑を青に、赤をオレンジに洗うというシンプルな方法は飽きられてきているので、今ではよりファッショナブルな応用がされています。例えば、紫からピンクへの波があったり、ブラックホールにズームインしたり、カラーホイール上で必ずしも隣接していない色と対話したり。素早くて、忙しくて、インタラクティブなのです。

もちろん、その反対側のコーナーでは繊細なラインワークもトレンドとなっています。

私たちが毎年受け取る何千ものロゴデザインを見直すのに飽きることはありません。創造性と革新性の魅力的な研究です。トレンドは、常に訪れては消えていきます。

 

ロゴトレンド1【カウンター】

ロゴデザインのトレンド1【カウンター】

これらのロゴデザインは、背景に浮かんでいるカラフルに配置された要素よりも、それらの間に作られたネガティブなカウンタースペースを重視しています。

デザインに余裕を持たせることほど、一般の人がロゴマークに親しめる方法はありません。消費者の知性を認識し、発見の余地を残すことで、これらのロゴデザインは複数のレベルで生きることを可能にしています。

 

ロゴトレンド2【迷路】

ロゴデザインのトレンド2【迷路】

迷路を楽しみ、謎、または罰として見るかどうかにかかわらず、それはクライアントがブランドに関連づけたいと思う目的の多くを視覚的に表現する挑戦です。原則として、これらのロゴマークは、ポジティブとネガティブの重みが均等に配分されたモノラインの美学の延長線上にあります。

これらのロゴマークの中には、A地点から入り、B地点から出る道を示すものもあれば、視点によっては、行き止まりやゴールや出発点に直接誘導するものもあります。

 

ロゴトレンド3【姉妹】

ロゴデザインのトレンド3【姉妹】

人間はバランスと調和の取れたレベルに達したいという欲求を持っています。私たちは秩序を作るのが好きです。秩序・順序は私たちに幸福感を与えることができます。このロゴデザイングループは、ミラーリングや入れ子にされた2つの同一の要素から作られています。

ロゴデザインが文字の形をしていたり、反射文字で構成されていることも珍しくありません。これらのロゴの対称性は、陰陽のシンボルに調和を見出すのと同じように、安心感を生み出します。それは、有益で強力なパートナーシップを伝えています。

 

ロゴトレンド4【融合したチェック】

ロゴデザインのトレンド4【融合したチェック】

これらのロゴデザインのチェック柄のフレームワークは、エンティティ間のつながりや経路を構築することへの親和性を示しています。複数の要素が一緒になってより大きな善を生み出すために集まってくるという考えを表現していますが、社会的な距離感を保ちつつ、ささやかな自律性を維持するために角を結んでいるのです。

 

ロゴトレンド5【ベベルチップ】

ロゴデザインのトレンド5【ベベルチップ】

丸みを帯びた部分には、葉っぱの先端のように一点に引き寄せられるカウンターコーナーがあります。葉っぱ、羽毛、木目、波紋、または他の多くの受容的な輪郭を持った形です。

この形は積み重ね、再構成し、他の柔らかい形と組むか、または効果を和らげるためにより粗い幾何学とブレンドします。多くの硬いサンセリフフォントに爽やかさを加え、自然さや気まぐれさを加えるのに役立っています。

 

ロゴトレンド6【ペトリ皿】

ロゴデザインのトレンド6【ペトリ皿】

これらのロゴデザインは意図されたメッセージを導き出すための一般の人々の参加と、彼らの演繹的なスキルを信頼しています。

Dana-Farber(右上)は、Dの円弧とFの直角が交差するところに焦点を当てたベン図を用いて、人間を形成するために一緒になっているところを捉えています。

Investissement Quebec(右下)は、向きの傾向が見られる利益チャートを表示しています。

 

ロゴトレンド7【可変書体-バリアブルフォント】

ロゴデザインのトレンド7【可変書体-バリアブルタイプ】

太い→薄い→薄い、しゃがんでいる→高い、という順番で文字を縮小したり歪ませたり、さらにはアニメーション化したりすることは、目の保養にはなりますが、おそらくバリアブルフォントの開発者が意図していた用途ではないでしょう。可変できるフォントはロゴデザイナーのためだけに作られたものではありませんが、ロゴデザイナーは新しいものを喜んで採用する傾向があります。

残念ながら、バリアブルタイプであることを識別できるのは、コントラストやモーションで表示されたときだけです。

アムステルダムのWPPオフィスであるAmsteldok(左上)は、独自のフォントに地域や歴史的な影響力を取り入れ、バリアブル機能を利用して非常に柔軟性の高いシステムを構築するという驚くべき仕事をしてくれました。

このシステムは見事にまとまっているだけでなく、モーフィングするようにデザインされています。隷属的なデモンストレーションモデルであるように見えることなく、機能しています。

 

ロゴトレンド8【ブラックレター】

ロゴデザインのトレンド8【ブラックレター】

読みやすさで勝ち目はありませんが、個性がないと非難されることはないでしょう。スラブと角度のあるストロークはシャープなグラフィックの魅力を持っており、豊富なカスタマイズと再利用を可能にします。

ブラックレターにインスパイアされたフォントは、ウェイト、インライン、スウォッシュ、オーナメントなど、無数のバリエーションで登場しています。クライアントの遺産やクラフトマンシップを示すのに最適なピースです。

 

ロゴトレンド9【 i の点】

ロゴトレンド9【 i の点】

小文字の i はしばしば、ドットが頭の役割を果たし、レターフォームの中の中心人物としてキャストされています。1色の文字に数色のドットを追加することで、家族やチームを説明するのに役立つことがよくあります。

uplight(左下)のロゴは i を反転させて下からライトを照らし、mitto(右下)は両端で i のドットを際立たせています。

 

ロゴトレンド10【ハンドアウト】

ロゴトレンド10【ハンドアウト】

今年のロゴデザインのトレンドにもたくさんの手が並んでいます。イラストレーションのスタイルは劇的に異なりますが、手を超えた共通点があります。手の上に何かが浮かんでいるか、あるいはそれらの要素を自由落下の中で捉えていることです。製品とユーザーの関係の魔法のような本質を象徴しているのかもしれません。

ロゴデザインの一部として手が登場する場合、ブランドの裏付けでもある”人の手の介在”を表現するためである事が多いです。手のひらを上に向け、開いて、安心しているような、受容的な姿勢を表していると思います。

これらの手は新しい時代の文化を感じさせます。職人のブティックや消費者向けのビジネスカテゴリーで受け入れられる可能性が高いでしょう。手作りの製品はこのジャンルに当てはまるように見えますが、より可能性が高いのは、これらが特別な約束を持った経験に関連していることです。これらのロゴマークは魅惑的なストーリーを語り、消費者に信念を託すと同時に信じることの両方を求めています。

 

ロゴトレンド11【稲妻】

ロゴデザインのトレンド11【稲妻】

記号とは物や概念を表現したものに過ぎません。人間の心臓とハートマークが全く似ていないことを私たちは知っています。星や火や雲もそうです。

何千年もの間、雷はほとんど独占的に神々からの武器や罰として見られていました。神々はそれを自由に解放することができました。最近まで私たちは電気という概念を理解していなかったので、稲妻のシンボルがエネルギー、照明、閃光を表すというのは、不思議ではありません。

TOP HAT(右下)のロゴデザインでは、稲妻を小さなディテールとして使用していますが、これは普遍的なアクションを表しています。

 

ロゴトレンド12【キラキラ】

ロゴデザインのトレンド12【キラキラ】

星は戦闘的愛国心や宗教的な意味合いを避ける事ができる4つのポイントの星は、ロゴデザインに理想的な最小限のディテールでアイデアを伝えるのに十分なものでした。(※五芒星や六芒星は、宗教や文化によって特定の意味合いを持つ場合がある)

レマンジュエリー(左下)のロゴは、Eのセンターストロークに宝石の輝きを築きました。

 

ロゴトレンド13【コーナーに見せかけたデザイン】

ロゴデザインのトレンド13【コーナーに見せかけたデザイン】

デザイナーは、消費者を巻き込むきっかけがたくさんあることを理解していると思いますが、擬似的な次元もその一つです。私たちがクライアントのためにデザインするものに、精神的な参加を広げることができれば、クライアントのブランドとのリンクを作ることができます。

これらのロゴデザインは人工的な現実をデザインで包み込むことで、空間の錯覚を作り出しています。

 

ロゴトレンド14【イリュージョン】

ロゴデザインのトレンド14【イリュージョン】

まるで目の錯覚に関する本のページから飛び出してきたかのようなロゴマークです。グラフィックイリュージョンの使用は今に始まったことではありませんが、今年の豊富さは、奇跡的な問題解決能力と独自の視点を再発見したことを示唆しています。クライアントの複雑なプロセスをうまく説明できないときには、ちょっとしたマジックを主張するのもいいでしょう。

 

ロゴトレンド15【チゼルシャドウ】

ロゴデザインのトレンド15【チゼルシャドウ】

形状の次元性を示すことは、フラットなイメージを2速から少なくとも3速へとシフトさせるための基本的な方法です。影は、フラットなグラフィックで空間を伝えるためのデザイナーの定番手法となっています。光源を定義するというよりも、光の不在を知らせるものです。これらのロゴマークの上の影は、ロゴがスポットライトの焦点の下にあり、隠すものが何もなく開かれていることを望むクライアントの願望を伝えるのに役立ちます。

このグループを他の影を用いたロゴマークと区別するものは、45度の角度のカットです。この効果の塊のような外観は、ほとんどの場合、サンセリフ書体が用いられています。

 

参考 : LogoLounge  ©2020 Logolounge Inc.

共感いただけましたら、いいね!シェアいただけますと幸いです。ブログやWEBサイトなどでのご紹介は大歓迎です!



サイトへのお問い合わせ・依頼各種デザイン作成について

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

お問い合わせ

デザインの見積もり・制作依頼

ロゴデザイン作成について

ロゴ制作業者をお探しですか?ロゴ作成料金・ロゴデザイン依頼の詳細はこちらから確認いただけます。

ロゴデザイン作成

SSL

カード決済対応

銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

error: