ジェームズ・シャーマン(James Sherman)- アメコミの人気シリーズをリアルなタッチで描いたペンシラー

James Sherman_デザイナーアーカイブ

映画のヒット作品にはアメリカンコミック(略称アメコミ)が原作となっているものが多くあります。特にヒーローを題材にしたものは「アメコミヒーロー映画」というジャンルにまとめられたりします。なかでもここ10年ほどは、アイアンマンやキャプテン・アメリカ、スパイダーマンといった複数の物語のヒーローが1本の作品の中に登場する『アベンジャーズ』などの映画がメガヒットを飛ばしています。

ジェームズ・シャーマンの作品

このようなスーパーヒーローのチームが活躍するアメコミ作品『リージョン・オブ・スーパーヒーローズ』を「ペンシラー」として精緻でリアリスティックな筆致で描いたアーティストがジェームズ・シャーマンです。

ジェームズ・シャーマン(James Sherman)Comic book creator James Sherman at the November 2008 Big Apple Convention in Manhattan by Nightscream (CC BY 3.0)

 

アメコミの制作は分業システム

分業制

アメコミは分業システムによって作品が生み出されています。ライター(writer)、ペンシラー(penciller)、インカー(inker)、カラリスト(colorist)、レタラー(letterer)といった作業ごとに専門職がいます。

ライターはストーリーを考えます。ペンシラーは主に鉛筆を使って下絵を描く担当です。ライターの脚本に基づいてコマ割りや構図を決定しながらストーリーを視覚化します。インカーは下絵に対してペンや筆で絵を完成させます。

ペンシラーによって絵のタッチが決まる場合もあれば、ペンシラーの下絵を参考にしてインカーが絵のタッチを決定することもあります。彩色はカラリストがおこないます。ペンシラーがインカーやカラリストまで兼業している場合はアーティスト(artist)と呼ばれることもあります。

吹き出しやオノマトペ(擬音語・擬態語)、表紙のタイトルロゴなど文字まわりを担当するのがレタラーです。レタラーでは登場人物ごとに書体を変えるなど革新的なスタイルを追求したギャスパー・サラディノ(Gaspar Saladino)が有名です。

 

アメコミの著作権は出版社が保有

アメコミでは作品やキャラクターの権利を出版社が所有しているのが一般的です。ですから、同一のヒーローを主人公にしたシリーズであっても、実制作にたずさわる人は時の流れとともに変わっています。

たとえばDCコミックス(DC Comics)社の『スーパーマン』(Superman) は1938年に登場してから現在でも続いている息の長いシリーズで、作品作りに関わった歴代ライターとペンシラーはそれぞれ20人を数えます。そのため時代によってストーリーのコンセプトや設定も変わるし、スーパーマンの顔つきも変わっていきます。

アメコミではライターやペンシラー、インカーについても評価と好みが変わり、それぞれのファンがいます。東宝の映画『ゴジラ』シリーズが製作年代によって監督も着ぐるみも変わっているのに似ているかもしれません。

 

『リージョン・オブ・スーパーヒーローズ』への関わり

コミックの世界に入る前、広告グラフィック業界に身を置いていたジェームズ・シャーマンは、その経験を活かしてアメコミに新しいリアリズムをもたらしました。子供のころからアメコミの大ファンだったシャーマンは大学を卒業すると年に数回ポートフォリオを出版社に持ち込み、アメコミ界に職を得ようと試みます。

5年間チャレンジを続け、1975年の年末ついにアメコミの2大出版社であるDCコミックスとマーベルコミックス(Marvel Comics)の両方から同じ日に仕事のオファーを受けることになりました。1976年にDCコミックスの『Tarzan Family』と、マーベルコミックスの『Blackhawk』でペンシラーとしてデビューします。

Tarzan Family

ジェームズ・シャーマンの代表作の一つは『スーパーボーイ・アンド・リージョン・オブ・スーパーヒーローズ』(Superboy and Legion of Super-Heroes)です。シャーマンは1977年から1978年までライターのポール・レヴィッツ(Paul Levitz)と組んで人気を博しました。このシリーズでは、スーパーヒロイン「ドーンスター」(Dawnstar)や敵の「インフィニットマン」(Infinite Man)といった印象的なキャラクターが登場しています。

リージョン・オブ・スーパーヒーローズ

Infinite Man

1970年代から80年代にかけてシャーマンはDCコミックス、マーベルコミックスの作品を数多く手がけました。また、1991年と1992年にはイレイン・リー(Elaine Lee)原作のグラフィックノベル、『The Transmutation of Ike Garuda』の作画もしました。この作品はノワール(黒)スペースオペラと呼ばれるジャンルに含められています。

 

映画『メン・イン・ブラック』への関わり

ジェームズ・シャーマンは映画作品にも関わっています。1997年に公開され大ヒットしたSFコメディアクション映画『メン・イン・ブラック』(Men In Black)では、エイリアンや武器、乗り物などのデザインをしました。また、ディズニーの長編アニメ『ヘラクレス』(Hercules)などいくつかの映画で、ストーリーボード、アートディレクション、衣装や小道具のデザインなどを手がけています。

 

MLBロゴについてのミステリー

1969年に米メジャーリーグ(MLB)はプロ野球100周年を記念したロゴを作成しました。この「バッターマンロゴ」とも呼ばれるロゴは、色味が若干変わりましたが現在でも使われています。シャーマンはこのロゴを自分が作成したと2003年発行の書籍でインタビューに答えています。

メジャーリーグのロゴ

しかし、スポーツ専門チャンネル「ESPN」が2008年におこなったシャーマンへの取材でMLBのロゴがシャーマンの手によるものでないことが判明しました。1980年代に同様のデザインのロゴを作成していたことがあったためにシャーマン自身も勘違いしていたのです。

そして、このロゴの本当の作成者ジェリー・ディオー(Jerry Dior)というグラフィックデザイナーをシャーマンが探し出しました。その後のESPNの取材やMLBの調査で1969年のMLBロゴ作成のいきさつの一部が明らかになりましたが、シャーマンのロゴの経緯は謎に包まれたままです。シャーマンは食料品を中心としたスーパーマーケットShopRite(ショップライト)など他にいくつかのロゴも制作しています。

ショップライトのロゴデザイン

 

ジェームズ・シャーマン(James Sherman)
1948年〜
米国
アーティスト(ペンシラー、インカー)


【参考資料】
James Sherman、Wikipedia(https://en.wikipedia.org/wiki/James_Sherman_(comics))
Superboy and the Legion of Super-Heroes #231 – A Day In The Death Of A World! (Issue)(https://comicvine.gamespot.com/superboy-and-the-legion-of-super-heroes-231-a-day-/4000-17753/)
MLB Updates Their Famous Batter Logo, Colours, and More | Chris Creamer’s SportsLogos.Net News and Blog : New Logos and New Uniforms news, photos, and rumours(http://news.sportslogos.net/2019/04/23/mlb-updates-their-famous-batter-logo-colours-and-more/)
Uni Watch: Intelligent design – ESPN Page 2(https://www.espn.com/espn/page2/story?page=lukas/081105)
・The Legion Companion (Glen Cadigan, TwoMorrows Publishing, 2003)
アメコミ入門 – 第3回 分担作業も多種多様、アメコミ作りの分業制 | ComicStreet(外漫街)(https://comicstreet.net/discover/comics-usa/usa-comics-introduction-3/)

共感いただけましたら、いいね!シェアいただけますと幸いです。ブログやWEBサイトなどでのご紹介は大歓迎です!



サイトへのお問い合わせ・依頼各種デザイン作成について

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

お問い合わせ

デザインの見積もり・制作依頼

SSL カード決済対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。 デザイン料金はクレジットカード対応

よく読まれているページ

まだデータがありません。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

error:
事業概要 / ご利用規約

お問い合わせ

平日11時〜18時は電話でのお問い合わせも承ります。

電話は問い合わせ専用となります。見積もり・具体的な依頼の進行は全てメールでのやり取りとなりますので、予めご了承ください。【 口頭による金額提示、依頼の受付・進行は行なっておりません 】
タイミングによっては営業時間内でも応対が出来ない場合もございます。その際はお問い合わせフォームをご利用ください。
ゴールデンウィーク・夏期休業(お盆)・冬季休業(年末年始)などの 長期休業期間につきましても対応外となります。