Skip links
飛行機での旅を演出するテレビコマーシャル・動画制作について

飛行機での旅を演出するテレビコマーシャル・動画制作例

飛行機での旅を演出するテレビコマーシャル・動画制作について

飛行機の旅はお好きですか?あの巨大な機体が空を飛び、世界中を旅させてくれます。特に長時間フライトでは、空港から機内での経験が旅行そのものに大きく影響するものになるものです。いろいろなこだわりをもって航空会社を選ぶ方もいれば、やっぱり日系が一番!という方もいらっしゃるかもしれません。今回は、空の旅に関連する航空会社などのテレビコマーシャルや機内ビデオを集めてみました。次の旅はどこに行きますか?(※紹介する動画は当サイトの制作事例ではありません)

動画編集の依頼はこちら

新しさを打ち出すスペインの航空会社のテレビコマーシャル動画制作例




スペインの航空会社「イベリア航空」のテレビコマーシャルです。新しい航空機の導入キャンペーンの一環で製作されたもので、環境と乗客に優しいシステムを搭載した機体を紹介する構成になっています。CO2排出量が25%削減され、機内の換気が2分に1度行われるシステム。飛行機といえば、エコノミークラスはもちろん、ファーストクラスやビジネスクラスであっても、ある程度の閉塞感は否めないものです。そんな空間を、ゆとりある清々しい空間というイメージとして発信するということで、「新しい航空機」をアピールすることに成功しています。「新しい時代、新しい航空機」というフレーズ、そして最後の「Cada dia es el primir dia(毎日が初日)」という航空会社としてのキャッチフレーズ双方に、「新しさ」にバリューをおいていることが投影されています。

イベリア航空は、日本(成田)・マドリード間で就航しており、2010年にはイギリスのブリティッシュ・エアウェイズと共にグループ企業を発足しています。「イベリア」は、スペイン・ポルトガルが位置する半島の名前で、スペインの別称としても使用されています。新しい機体が「換気システム」がメインになっている、新しいタイプのテレビコマーシャルです。

 

ドバイから世界へという自信をのぞかせるテレビコマーシャル動画制作例




アラブ首長国連邦のドバイを本拠地とする航空会社「エミレーツ航空」のテレビコマーシャルです。ドバイという街の素晴らしさを前面に打ち出した構成になっています。フライトそのものではなく、本拠地の素晴らしさをアピールする、というところに、「ドバイらしさ」を感じます。

長年機内サービスなどを総合的にフライトの快適度をランク付けしたエアライン満足度ランキングでは、シンガポール航空がトップというイメージが強いと思いますが、ドバイの人気が上がるにつれて、エミレーツ航空のクオリティも上がり、近年では上位5位内の常連組になっています。24時間稼働のドバイ国際空港を本拠地とし、世界76国122都市に就航しています。「エミレーツ航空で、より良い空の旅を」というキャッチフレーズを掲げ、ドバイへのインバウンドだけではなく、エミレーツ航空での世界各国への旅を宣伝する、シンプルながらも自信に満ち溢れたテレビコマーシャルに仕上がっています。

 

ゴールド・ステイタスな時間をアピールするテレビコマーシャル動画制作例




世界最大の航空連合「スターアライアンス」のゴールド・ステータス・クラブのテレビコマーシャルです。「EXPLORE(探検する)」「DISCOVER(発見する)」「ESCAPE(逃避する)」「REFRESH(リフレッシュする)」というキーワードに鮮明で生き生きとしたイメージを重ねるという構成で、「旅」の醍醐味をビジュアルとして表現しています。スターアライアンスの加盟メンバーの航空会社を利用する乗客の上級会員「ゴールド・ステイタス」になると、スイスのチューリッヒ空港、フランスのシャルル・ド・ゴール国際空港、アメリカのロサンゼルス国際空港、日本の中部国際空港の4空港に設置されているスターアライアンス専用ラウンジの利用が可能になります。

フライトだけではなく、空港での時間にも「特別な時間・サービス」を満喫するというのは、空の旅の一部ではないでしょうか。このスターアライアンスには、日本では全日空空輸(ANA)が加盟しています。同様の連合としては、「ワンワールド」や「スカイチーム」があり、同連合間で使用できるマイレージポイントがあることから、同連合のエアラインを選んでマイレージを貯める、という技を活用している方も多いのでは。上級会員ならではの楽しみ方が、質感の高いスタイリッシュな映像美で伝えるテレビコマーシャルです。

 

フランスらしさが随所に散りばめられた機内案内ビデオ制作例




フランス・パリを本拠地とする航空会社「エールフランス」の機内非常設備案内ビデオです。非常設備案内といえば、お決まりの構成がありますが、さすがフランス、おしゃれさを最優先した演出になっているところが面白いですね。フレンチポップのような色使いと、美しさを重視する姿勢がフランスの地域性を遊び心たっぷりに表現しています。

シートベルトはシートベルトサインが消えていても基本着用したままで、というお願いも、フランスの手にかかると、「ウエストラインを優雅に見せることができます」という表現に。

「お願い」の色味が強い案内ビデオが、近年ではその土地・エアラインの特徴を発揮する場所のようにんなりつつあります。日本でも、歌舞伎を取り入れた案内ビデオが導入されたということが話題になりましたが、搭乗直後に確実に乗客に伝える必要がある内容だからこそ趣向を凝らして、「思わず見入ってしまう」映像にする工夫が随所に感じられます。フランスらしい美意識満載の機内案内ビデオです。

 

「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のデザイン制作事例をピックアップして紹介しています。※当ページは世界中のデザイン制作事例を紹介するコンテンツです。当サイトのデザイン実績ではありません。

動画編集・映像制作料金と作例

映像編集・動画制作について
デジタルサイネージや展示会などのPR用の動画編集、商品やサービスを紹介する店頭動画、SNSやWEBサイトでの利用を想定したWEB広告動画の制作など、様々な動画編集・映像制作業務を行なっています。動画編集の代行・委託・外注については気軽にお問い合わせください。

動画編集・映像制作例はこちら
イベントや商品のプロモーション映像編集サンプルなどを紹介しています。魅力的なタイトル映像や、動画のイメージに合ったナレーション・テロップ入れなど、動画編集に必要な様々な作業にも対応しています。


動画編集・映像制作の依頼〜納品までの流れ

動画編集・映像制作の流れ①

見積もり

希望されている動画編集プランや要望等に応じて、見積もりを行います。まずはお問い合わせフォームより連絡をお願い致します。【動画編集の制作費用について】提供動画や商用素材等を利用した動画制作となります。撮影については対応しておりません。

動画編集・映像制作の流れ②

作成情報の提供

動画編集・映像制作に必要な掲載文面や素材などを提供いただきます。プランによっては、この段階で静止画の簡易的なコンテを確認いただきます。(掲載文章の考案・アレンジは行なっておりません。法令・業界団体等の広告ガイドラインが存在する場合は、遵守した文章の作成をお願いいたします。)

動画編集・映像制作の流れ③

動画の編集・作成

動画の編集・映像制作に取り掛かります。完成した動画の見本データが閲覧できるURLをメールにて送付致しますので、内容を確認いただきます。修正等があれば、適宜追加納期にて対応いたします。

動画編集・映像制作の流れ④

完成・納品

編集を行った動画が完成となりましたら、ご入金確認後に動画のデータ納品を行います。



error: