イギリスで放映された個性の強いテレビコマーシャル・映像制作例

イギリスで放映された個性の強いテレビコマーシャル・映像制作例について

イギリスから連想するものは何でしょうか。紳士の国、紅茶、といった格調高いイメージが根強くあるかもしれません。誇り高き国民性は、長い歴史からもみてとることはできますが、近年のイギリスは大きな変化の時期を迎えようとしています。今回は、「今」のイギリスを描いているテレビコマーシャル・映像作品を集めてみました。あなたのイメージにはない表情が見えてくるかもしれません。

 

偉大なジェームス・ボンドの国をアピールするテレビコマーシャル制作例

007-Bond-is-Britain-TV-Commercial 2012

VIMEOで観る

イギリスの英国政府観光庁のテレビコマーシャルです。公的機関が製作したものですが、イギリスの宣伝というより映画「007」の宣伝かのような構成になっています。誰もが聞いたことがあるあの007の音楽に合わせて、歴代のジェームス・ボンドが登場し、「RUGGED(強い)」「EXCITING(ワクワクする)」「BREATHTAKING(息を飲むような)」「INSPIRING(感動する)」「ADVENTUROUS(冒険的な)」「TIMELESS(時を超える)」というキーワードが並び、最後に「BOND IS GREAT(ボンドは偉大だ)」というフレーズが画面に登場しますが、よく見ると「GREAT」の下に「BRITAIN」とあり、「ボンドはイギリスだ」というフレーズにも読み取れます。

ロンドンオリンピックでも、ジェームス・ボンドとエリザベス女王の共演が話題になりましたが、イギリスとジェームス・ボンドは切っても切れない関係なのかもしれません。格式高い歴史・伝統と時代の最先端をいくイギリスを、見事に映し出しているイギリスらしい遊び心を感じるテレビコマーシャルです。

 

スマートホームでの生活を身近に感じさせるテレビコマーシャル制作例

LIGHTWAVE

イギリスを拠点とするスマートホームシステムを展開する企業「LIGHTWAVE」のテレビコマーシャルです。小さい子供と犬、そして夫婦という一家がスマートホームシステムが搭載されたマイホームで生活する1日をクレイアニメのショートフィルム形式で描いています。スマートフォンがあれば、家の家電を簡単に操作でき、電気を消し忘れ防止だけではなく、照明を使って生活のクオリティを上げることが可能になる…という生活がシンプルにまとめられていますね。クレイアニメの質感が、近未来のようなシステムを身近で誰にでも使えるもの、というイメージを与えています。

最近の傾向として、このような何気ないコマーシャルで描かれる「一般家庭」像で、肌の色が多様化するようになりました。これからの世界を映像化する上で、どのようなバックグラウンドの人にも届くようなものを作るという意識が必要になるということです。人種の多様化が進んでいるイギリスでも、家庭の描写が変わりつつあるという、別の気付きもあります。より便利で、無駄のない生活を親近感をもって想像させてくれるテレビコマーシャルです。

 

明日何ができるかを考えさせる啓蒙的なテレビコマーシャル制作例

Scot Gov – What Did You Do Today?

イギリス・スコットランド政府が製作した医療関連職への就業を啓蒙するテレビコマーシャルです。「WHAT DID YOU DO TODAY?(今日、何をしましたか?)」という問いかけから始まります。そこで登場するのは、救急隊員やケアワーカー、ガン治療の研究員など、医療関連の業務に就く人々。そして「WHAT WILL YOU DO TOMORROW?(明日、何をしますか?)」と明日のあなたを考えさせるという流れは、非常に効果的です。

答えを発信するのではなく、考えることを促す。というのは真の意味の啓蒙につながる重要な一手といえるでしょう。スコットランドだけではなく、イギリス全土で医療従事者の数は減少傾向にあり、特にケアワーカーの不足は深刻な社会問題になっています。人手不足が原因で、医療サービスを必要とする人たちが十分なサポートを得られないという現状を支えているのは移民であることが多く、これからのイギリスにとってより深刻化が進むと考えられます。

いつか、ではなく、「明日」から変えていこう。というメッセージはパワフルです。文字情報が引き立つように、暗めのトーンを全体として使用するなど、視覚的効果を活用し視聴者に訴えかけるテレビコマーシャル制作例です。

 

イギリス人とは?ドキュメンタリー動画制作例

BEING BRITISH | A film by the people of Great Britain

イギリス人フィルムメーカーが製作した「BEING BRITISH(イギリス人であること)」というショートフィルムです。「イギリス人であることとはどういうことか?」という質問に答えるイギリス人の言葉を集めるという単純な構成ながら、国民性という言葉に揺れるイギリスの様子を映像としてもビビッドに映し出しています。ドラァグクイーン、ダンサー、彫刻家といったアーティストなどが登場し、「イギリス人」というアイデンティティと向き合い言葉を発する表情は、言語を超えたメッセージを発信しているようにも感じられます。

政治的な意味合いは一切ないと明言していますが、この時代に「イギリス人であること」を問うということそのものに様々な意味合いがあるのかもしれません。日本はアイデンティティという言葉の概念そのものが、そこまで馴染みのないものかもしれませんが、イギリスのように様々な民族が共存する国では、「自分は誰なのか?」という問いと早い段階で向き合うことがあるようです。簡単に答えが出ない本質に迫る緊迫感のようなものを繊細に描き出したショートフィルムです。

 



「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のデザイン制作事例をピックアップして紹介しています。

動画編集・映像制作料金と作例

映像編集・動画制作について
デジタルサイネージや展示会などのPR用の動画編集、商品やサービスを紹介する店頭動画、SNSやWEBサイトでの利用を想定したWEB広告動画の制作など、様々な動画編集・映像制作業務を行なっています。

動画編集・映像制作例はこちら
イベントや商品のプロモーション映像編集サンプルなどを紹介しています。

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

お問い合わせ

デザインの見積もり・制作依頼

SSL カード決済対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。 デザイン料金はクレジットカード対応

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

error:
事業概要 / ご利用規約

お問い合わせ

平日11時〜18時は電話でのお問い合わせも承ります。

電話は問い合わせ専用となります。見積もり・具体的な依頼の進行は全てメールでのやり取りとなりますので、予めご了承ください。【 口頭による金額提示、依頼の受付・進行は行なっておりません 】
タイミングによっては営業時間内でも応対が出来ない場合もございます。その際はお問い合わせフォームをご利用ください。
ゴールデンウィーク・夏期休業(お盆)・冬季休業(年末年始)などの 長期休業期間につきましても対応外となります。