Skip links
IKEAについて

贅沢に作り込んだイケアのやさしい動画制作例

外出自粛やロックダウンを、世界中の人々の多くがすでの経験しています。そんな中で、ひきこもり生活をなんとかポジティブなものにしようという動きも少なくありません。私たちは限られた空間での楽しみ方もずいぶん身についてきたようにも思います。

企業からの広告メッセージにも、室内での生活にフォーカスした温かみのあるものが多く見られます。新型コロナ禍が世界を揺さぶり始めたころには、親密で実際的なアイデアやエールが各ブランドから届けられていました。

イケア

JHVEPhoto – stock.adobe.com

今年4月にイケアがカナダで公開した動画は、もう少しだけイマジネーションを広げた、余裕を感じさせる映像でリラックスさせてくれます。

 

夜明けの空に浮かぶ「小さな世界」




イケアの動画は『わたしたちの小さな世界』と名付けられています。

夜明けの空に何かが浮かんでいます。それに向かって小鳥が飛んでいくと、少女の眠るベッドとその下の球体でした。少しずつほかの球体も現れてきます。

ベランダの花に水をやる女性、友人とゲームに興じるおじさんたち、段ボールで遊ぶ子供たち。それぞれの球体の上で生活をする人々の姿は、さながら集合住宅の各家庭の暮らしを見ているようです。サン=テグジュペリの『星の王子さま』のイラストを思い浮かべます。

ひきこもり生活を余儀なくされているひとびとにとって、家庭こそが世界といってもいい状況です。そこで、それぞれの生活を小さな惑星で象徴したのが、イケアの映像です。

再生可能コットンの掛け布団が一瞬だけ紹介されたあと、「より良い世界は家庭から始まる(a better world starts at home)」というキャッチフレーズが登場します。

イケアは、サステナビリティへの取り組みに積極的です。イケアのカナダ現地法人のマーケティング担当者は、次のように述べています。

「サステナビリティへの取り組みとプラスの変革は、家庭での小さなアクションでも可能だということを今回の動画で示したかったのです」

 

映像にほっこりとしたムードを加える親子の歌声

冒頭から流れる微笑ましい歌声は、この動画のもうひとつの主役といっていいでしょう。

「わたしの夢の本。そこに、虹や、雲まで駆け上がる馬や、願いを全部描くの⋯」と始まる曲は、「Book of Dreams」です。米国の音楽家ダニエル・タシアン(Daniel Tashian)氏が、2020年にリリースした子供向けアルバム『Mr. Moonlight』に収録されています。タシアン氏自身の娘さん3人と一緒に録音しました。




「あなたとわたしのために一番星にお願いしたら、あなたが夢の本に出てくるわ」

自分の部屋、つまり自分の世界でどういう未来を思い描くかで、世界は変わる、というのがイケアのメッセージです。それに歌詞もトーンもマッチしています。

 

限りなくリアルなファンタジー映像

SF映画やファンタジー映画、冒険映画などで、雲の上を飛ぶシーンがあります。地上から見るのとは異なる空の色、飛翔する人物あるいは物体、雲海といったものが、特撮あるいはCGで描写されます。そういったシーンに共通して感じるのは、ライティングや色合い、大掛かりなセットなどによる独特の空気感です。

このイケアの動画でも、ひとつひとつの要素や素材がリアルそのものでありながら、巨大スタジオでの創作物であるフレーバーが漂っています。それが、ファンタジー映画のようなワクワク感とハッピーな雰囲気をかもしているのかもしれません。

1985年公開の『未来世紀ブラジル』は、どちらかといえば暗い未来を描いたSF映画です。その中で主人公は、ときどき雲の上を飛翔する夢を見ます。そのときだけは、現実とは異なる幸せな時間です。

多くの犠牲とさまざまな問題はまだまだ山積みですが、新型コロナとの付き合いは新しいフェーズに入っています。イケアの動画には、映画『未来世紀ブラジル』の悲しい現実とは違って、ポスト・コロナ禍の明るい世界も視野に入っているように感じます。

楽しい夢を見ながら、よい睡眠をとって、あたらしい夜明けに備えたいですね。

 

「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のデザイン制作事例をピックアップして紹介しています。※当ページは世界中のデザイン制作事例を紹介するコンテンツです。当サイトのデザイン実績ではありません。

動画編集・映像制作料金と作例

映像編集・動画制作について
デジタルサイネージや展示会などのPR用の動画編集、商品やサービスを紹介する店頭動画、SNSやWEBサイトでの利用を想定したWEB広告動画の制作など、様々な動画編集・映像制作業務を行なっています。動画編集の代行・委託・外注については気軽にお問い合わせください。

動画編集・映像制作例はこちら
イベントや商品のプロモーション映像編集サンプルなどを紹介しています。魅力的なタイトル映像や、動画のイメージに合ったナレーション・テロップ入れなど、動画編集に必要な様々な作業にも対応しています。


動画編集・映像制作の依頼〜納品までの流れ

動画編集・映像制作の流れ①

見積もり

希望されている動画編集プランや要望等に応じて、見積もりを行います。まずはお問い合わせフォームより連絡をお願い致します。【動画編集の制作費用について】提供動画や商用素材等を利用した動画制作となります。撮影については対応しておりません。

動画編集・映像制作の流れ②

作成情報の提供

動画編集・映像制作に必要な掲載文面や素材などを提供いただきます。プランによっては、この段階で静止画の簡易的なコンテを確認いただきます。(掲載文章の考案・アレンジは行なっておりません。法令・業界団体等の広告ガイドラインが存在する場合は、遵守した文章の作成をお願いいたします。)

動画編集・映像制作の流れ③

動画の編集・作成

動画の編集・映像制作に取り掛かります。完成した動画の見本データが閲覧できるURLをメールにて送付致しますので、内容を確認いただきます。修正等があれば、適宜追加納期にて対応いたします。

動画編集・映像制作の流れ④

完成・納品

編集を行った動画が完成となりましたら、ご入金確認後に動画のデータ納品を行います。



error: