Skip links
文字をグラフィカルに見せるラベルデザイン作成例について

文字をグラフィカルに見せるラベルデザイン作成例

文字をグラフィカルに見せるラベルデザイン作成例について

デザインの要素の中でも文字を扱うタイポグラフィのレイアウト。情報を伝えつつ、感性を突くビジュアルをデザインすることが求められます。文字の形という制限はあれどフォント自体の選択はもちろん、大きさ・文字間や配置、飾り罫の添え方、色など一つ一つ選択を変えることで、雰囲気が異なるグラフィックを作ることができます。ここではタイポグラフィを用いたラベルデザインを集めてみました。ラベル以外のデザインにも使える汎用性が魅力です。(※紹介するパッケージデザインは当サイトの制作事例ではありません)

パッケージのデザイン価格はこちら

色々なフォントを組み合わせたラベルデザイン

パッケージデザインを見る (via Pinterest)

様々なフォントを一つの紙面に用いることは、コンセプトがぶれ好ましくないとされますが、こちらはあえて複数のスタイルのフォントを組み合わせ、それぞれの文字をグラフィック要素として活かしています。縦横のラインが活きるゴシック系のフォントでインダストリアルな風合いにまとめつつ、手書き風フォントを一つだけ用いることでアクセントをつけていますね。

 

動きのあるタイポグラフィが魅力的なラベルデザイン

パッケージデザインを見る (via Pinterest)

こちらは文字自体の曲線をグラフィック要素として全体の動きの中に取り入れたラベルデザイン。それぞれの文字の形に注目し、セリフ部分(文字の書き出しや頭部分にあるかざりのこと)を伸ばしたり新たに追加することで、よりグラフィカルに、かつ斜めに文字を打ち出すことで躍動感が演出されています。

 

イニシャルでインパクトを持たせるラベルデザイン

パッケージデザインを見る (via Pinterest)

イニシャルを一文字だけシンボル的に活かすデザイン。飾り罫などと合わせてレイアウトすると華やかな雰囲気になります。草花パーツと絡めたイラスト文字はもちろん、ゴシック体のようなシンプルな文字でスッキリまとめるスタイルも 絵になります。ラベルはもちろん、文字組が必要な場面での見出しなどにも使える汎用性の高いテクニックです。

 

ラベルやポスターなど文字がつきもののデザイン。文字自体の形を生かしたタイポグラフィをアクセントにする方法は汎用性が高く、使い勝手が良いテクニックです。打ちっ放しでなんとなく文字周りが寂しい場合には、より絵に近くなるような工夫をしていきたいところ。ゴシック体・セリフ体・スラブ体・スクリプト体などフォントそれぞれの特長を捉えてデザインの中に活かしていきたいですね。

「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のデザイン制作事例をピックアップして紹介しています。※当ページは世界中のデザイン制作事例を紹介するコンテンツです。当サイトのデザイン実績ではありません。

ラベル・パッケージデザイン料金と作例

商品パッケージデザインの作成について
箱や手提げ袋などのパッケージデザインから、商品に貼り付けるラベルデザインまで、包装に関わるデザイン作成を行なっています。パッケージデザインの代行・委託・外注については気軽にお問い合わせください。

ラベル・パッケージデザインの作成例はこちら
パッケージやラベルのデザイン事例・サンプルを掲載しています。紙箱からポリ袋などの軟包材まで、様々な商品パッケージの作例を掲載しています。


パッケージデザインの作成依頼〜納品までの流れ

パッケージデザインの流れ①

見積もり

作成を希望されているパッケージの仕様や要望等に応じて、見積もりを行います。まずはお問い合わせフォームより連絡をお願い致します。【パッケージデザインの制作費用について】パッケージのグラフィックデザインの制作となります。商品パッケージの設計・印刷・製造については対応しておりません。

パッケージデザインの流れ②

制作情報の提供

パッケージのデザイン制作に必要な掲載文面や素材・図面データなどを提供いただきます。(掲載文章の考案・アレンジは行なっておりません。法令・業界団体等の広告ガイドラインが存在する場合は、遵守した文章の作成をお願いいたします。)

パッケージデザインの流れ③

パッケージデザインの作成

パッケージのデザイン制作に取り掛かります。完成したデザインの見本データをメールにて送付致しますので、内容を確認いただきます。デザインや文面などに修正などがあれば、適宜追加納期にて対応いたします。

パッケージデザインの流れ④

校了・納品

パッケージデザインが校了となりましたら、ご入金確認後にデータ納品を行います。



error: