製品そのものがデザインの一部と化したパッケージデザイン

製品そのものがデザインの一部と化したパッケージ作成例について

よし、断捨離をしよう!と思ったとき、「何でこんな紙袋を大事にしまいこんでたんだ…」と驚愕することはありませんか?何かを購入したとき、その包装のデザインがあまりにもお洒落で捨てられないなんてことは、決して珍しいことではありません。ジャケ買いという言葉があるように、パッケージデザインは時に購入の動機そのものになるのです。海外のスーパーに行くと、日本では見かけない斬新でユニークなパッケージを見ているだけで楽しくなります。そのなかには、「え?そういうこと?」と驚く方法で、製品そのものがデザインの一部として登場しているものもあります。今回は、そんな製品がパッケージデザインの一部として使われているものを集めてみました。ウィットに富んだデザインを体感してみてください。

 

耳に使うものなのに目として活躍しているイヤホンのパッケージデザイン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Packaging of the Worldさん(@packaging_of_the_world)がシェアした投稿

アメリカのオーディオ会社Audiovoxの新製品「Earbudeez」というブランドのイヤホンのパッケージデザインです。このデザインは、2009年に発表され、同年の世界的に優れたパッケージデザインを表彰する「ペントアワード」の金賞を受賞しています。ポップな色使いはもちろん、耳に装着するためのイヤホンを、目に見立てて顔を作るというユニークなデザインは、思わず手をとりたくなるものです。このパターン以外にも、別キャラクター版が複数あり、それぞれの個性が出るようなデザインが採用されています。アメリカ・カルフォルニア州のデザイン事務所が手がけた作品だけあって、遊び心たっぷりですね。

口の部分にくるロゴには「IT’S ALL ABOUT ME」と書かれており、これは「結局は私の問題」という意味で、どれを選んでも自由、というような気ままさを肯定する、陽気なだけではない、一捻りあるところが、欧米のデザインでよく感じる「うまさ」のようなものではないでしょうか。

 

「いただきます」がぴったりなソーセージのパッケージデザイン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Packaging of the Worldさん(@packaging_of_the_world)がシェアした投稿

ロシアの首都モスクワで製造・販売されたソーセージのパッケージデザインです。豚の胴体部分で、実際の製品であるソーセージのスライスを見せる、というこれ以上ない明快さ。ここでは、パッケージの外側しか見てとれませんが、パッケージの中身もなかなかのこだわりで、なんとソーセージスライスが入っている部分を取ると、骨になった胴体が描かれており、「私は豚を食べました」という事実を突きつけられるような気分ですね。残酷ともとられそうなコンセプトを、絶妙なトーンのイラストと派手すぎない配色を用いることで、シニカルではあるものの思わず笑ってしまえるデザインとして仕上げられています。

このシリーズは、豚以外にも、牛と鶏のバージョンがあり、どれも誇らしげに「Bon Appetit!(召し上がれ)」と言わんばかりの表情が楽しめます。ちなみに、ロシアでは、「ドクトルスカヤ」というソーセージが有名で、これは1930年代の内戦や独裁政治により国内に飢餓が広がった際に、栄養価が高い食品として治療薬の一つとして処方されたことから、「ドクトルスカヤ」ロシア語で「医者の」という意味の名前がソーセージに付けられたとか。そんな国民食のひとつであるソーセージだからこそ、こんなユニークなデザインが生まれるのかもしれませんね。

 

ワインそのものになったワインオープナーのパッケージデザイン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Packaging of the Worldさん(@packaging_of_the_world)がシェアした投稿

エジブトで製造・販売されたワインオープナーのパッケージデザインです。ワインオープナーのスクリュー部分をワインに見立てており、ボトルからグラスに注がれるワインを見事にパッケージ上で再現しています。実際の機能をエレガントに伝えるというデザインコンセプトが見事に表現できており、このまま飾っておきたくなるようなパッケージですね。文字情報の置き方も絶妙で、必要な情報は出しつつも、あくまでエレガントさ優先で、ワインを嗜む消費者を意識しているという点でも、デザイナーのスキルを感じます。

赤ワインに見立てたこの写真のバージョン以外にも、ロゼ・白とワインに合わせたカラーバリエーションがあり、消費者が個々の好みで選べるようになっています。製品そのものがパッケージの一部にすることで、「それが何で」「それがどのように動く(機能する)」のかを、効果的に表現できるということを、このデザインは実証しています。

 

これから剃るヒゲになりすましたヒゲ剃りブラシのパッケージデザイン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Packaging of the Worldさん(@packaging_of_the_world)がシェアした投稿

ロシアで製造されたヒゲ剃り用ブラシのパッケージデザインです。これは、モスクワのデザイン学校・British Higher School of Art and Designの生徒によるプロジェクトから生まれたものです。「製品そのものとパッケージは切り離せないもの」というデザインコンセプトのもとに作られており、ブラシ部分が見事にパッケージに描かれた男性のヒゲにしか見えるようになっていますね。ブランド名の「Be Beardy」は、「ヒゲ面になれ」という意味で、カリグラフィーで描くことで、スタイリッシュさが増しています。

ちなみに、「Beardy」は英語ではポジティブな「男気ある」というニュアンスと同時に、「ボサボサヒゲの男」という若干のネガティブトーンもあります。このブラシを使うか使わないかで、どちらに転ぶか決まっちゃうよ、という隠されたメッセージがあるのかもしれません。若いデザイナーの卵のもつ斬新さ、発想がいかんなく発揮されているデザインで、インテリアの一部として全種類揃えたくなってしまいます。

 


「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のデザイン制作事例をピックアップして紹介しています。

ラベル・パッケージデザイン料金と作例

商品パッケージデザインの作成について
箱や手提げ袋などのパッケージデザインから、商品に貼り付けるラベルデザインまで、包装に関わるデザイン作成を行なっています。

ラベル・パッケージデザインの作成例はこちら
パッケージやラベルのデザイン事例・サンプルを掲載しています。紙箱からポリ袋などの軟包材まで、様々な商品パッケージの作例を掲載しています。

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

デザインの見積もり・制作依頼

SSL カード決済対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧


事業概要

ご利用規約

ASOBO DESIGN™ではチラシやポスターのデザイン制作をはじめとした、様々なデザインサービスを行っています。