Skip links
beaty

中間色が心くすぐるビューティー系コスメのパッケージデザイン作成例

はっきりした色は目を引きますが、近年たくさんの流行りのカラーがある中で中間色にも注目が集まっています。ビューティー・コスメ・スキンケア商品などではなおさらこの中間色の商品パッケージは増えているかと思います。中間色とは、純色に白と黒の両方を含んだ色になります。今回は中間色が美しいパッケージを集めてみました。(※紹介するパッケージデザインは当サイトの制作事例ではありません)

コスメのパッケージ制作の外注はこちら

落ち着いた色が美しいロシアのフレグランスのパッケージデザイン

パッケージデザインを見る (via Pinterest)

少しだけ白を混ぜたような、大人っぽい配色を使用しています。香りごとにカラーを変えて、ラインで揃うとグラデーションになるように作られています。ケースも3角形でスタイリッシュに。

 

パッケージデザインを見る (via Pinterest)

文字やフォントは控えめにされているので、デザインの繊細さやマットな質感に目がいきます。サイズ感も含め、集めてみたいと思わせるようなデザインです。

 

ミルキーなカラーが優しい韓国のコスメのパッケージデザイン

パッケージデザインを見る (via Pinterest)

優しくて可愛らしいこちらのコスメは小石をモチーフにしたそうです。中央に丸く印字された箔押しと、小石のインスピレーションを感じる少しのノイズ感もマッチしています。この商品はお化粧直し用のクッションパフで、パウダーで優しくカバーするという意図がデザインにも反映されているような配色とフォルムだと感じました。

 

まるでアイスクリーム!食べたくなるほど可愛いドイツのアイクリームのパッケージ

パッケージデザインを見る (via Pinterest)

パステルカラーが心踊るキュートなパッケージデザイン。アイスクリームをモチーフにしているのは、このアイクリームを冷やして使うからだそうです。すくう時に使うスプーンもまるでアイスクリームのスプーンのように仕上げています。響きの近い「アイクリーム」と「アイスクリーム」のデザインをわざと使用しているところにアイディアの楽しさを感じます。中央に配置した細めのシンプルなフォントで、すっきりと仕上げています。

 

ピンクといっても、くすみピンク、スモーキーなピンク、落ち着いたピンク他にもたくさんの種類がありますね。間のカラーはなんとも言えない美しさがあります。色が持つイメージや心理的に抱かせる感情などとの関係を考えると、パッケージデザインや色選びがより深く楽しく感じるでしょう。

「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のデザイン制作事例をピックアップして紹介しています。※当ページは世界中のデザイン制作事例を紹介するコンテンツです。当サイトのデザイン実績ではありません。

ラベル・パッケージデザイン料金と作例

商品パッケージデザインの作成について
箱や手提げ袋などのパッケージデザインから、商品に貼り付けるラベルデザインまで、包装に関わるデザイン作成を行なっています。パッケージデザインの代行・委託・外注については気軽にお問い合わせください。

ラベル・パッケージデザインの作成例はこちら
パッケージやラベルのデザイン事例・サンプルを掲載しています。紙箱からポリ袋などの軟包材まで、様々な商品パッケージの作例を掲載しています。


パッケージデザインの作成依頼〜納品までの流れ

パッケージデザインの流れ①

見積もり

作成を希望されているパッケージの仕様や要望等に応じて、見積もりを行います。まずはお問い合わせフォームより連絡をお願い致します。【パッケージデザインの制作費用について】パッケージのグラフィックデザインの制作となります。商品パッケージの設計・印刷・製造については対応しておりません。

パッケージデザインの流れ②

制作情報の提供

パッケージのデザイン制作に必要な掲載文面や素材・図面データなどを提供いただきます。(掲載文章の考案・アレンジは行なっておりません。法令・業界団体等の広告ガイドラインが存在する場合は、遵守した文章の作成をお願いいたします。)

パッケージデザインの流れ③

パッケージデザインの作成

パッケージのデザイン制作に取り掛かります。完成したデザインの見本データをメールにて送付致しますので、内容を確認いただきます。デザインや文面などに修正などがあれば、適宜追加納期にて対応いたします。

パッケージデザインの流れ④

校了・納品

パッケージデザインが校了となりましたら、ご入金確認後にデータ納品を行います。



error: