Skip links
写真入り名刺のデザイン制作例について

印象に残りやすい写真入り名刺のデザイン制作例

写真入り名刺のデザイン制作例について

みなさんは、ご自身の名刺に顔写真は入れていますか?人に直接渡すものですし、なんとなく写真を載せるのは恥ずかしい方も多いかもしれません。しかし、写真入りの名刺は印象に残りやすく、相手にすぐ顔を覚えてもらえるというメリットがあります。例えば社会人になりたての方やフリーランスになったばかりの人など、特にこれから自分を売り込んでいきたい人には特にオススメしたいです。

複数人で名刺交換する機会が会った場合などでも、文字だけの名刺が多い中で写真が入っていれば目立ちますし、話題にもなりそうですよね。それだけではなく、もらう側からすると後から名刺を見返しても顔と名前がきちんと一致するので、とても助かるのではないでしょうか。今回は、写真入りの名刺デザインをご紹介していきます。(※紹介する名刺デザインは当サイトの制作事例ではありません)

名刺制作の依頼はこちら

モノクロで落ち着いた雰囲気の名刺デザインに

名刺作成例を見る (via Pinterest)

モノクロの写真が落ち着いた雰囲気ですね。全体的にモノトーンでまとめ、アクセントで赤を使うことでシンプルな中に適度な遊びを感じられます。名刺デザインの片面半分を写真が占めていますが、モノクロの写真にすることで全体の配色も相まってデザインの一部として溶け込んでおり、統一感も出てすっきりとまとまった印象になっています。タイポグラフィーはクラシックなフォントを使い小さめのサイズにすることで、全体の雰囲気を崩さずにまとめあげています。また、上は丸く角を取り、下は角を取らずそのままになっています。親しみやすい印象にしたいか、洗練された印象を与えたいかなどによって変えてみると良さそうですね。

 

音楽アプリのパロディデザインで印象的に仕上げた名刺

名刺作成例を見る (via Pinterest)

こちらはスマホの音楽アプリの画面をモチーフにしたユニークな名刺デザイン。パロディデザインは、自分はこういったジョークが好きな人柄だということも相手に一目で伝わりやすくて良いですね。黒地にネオンカラーが映え、紙でありながらもデジタル感満載。情報が載っている面の右上には充電や電波のアイコンが表示されているなど、細かい部分までこだわりが感じられます。このようなパロディ的デザインをする場合は、中途半端にならないように細部までしっかりとデザインを模倣することがポイントですね。

写真を載せている面は画面いっぱいに写真を載せたりデザインを施していますが、裏面は余白を多く取ったりフォントやアイコンを小さくするなどコンパクトにまとめています。裏表で見たときにデザインが取れるだけではなく、どちらにより注目してほしいのかを明確にすることができています。

 

配色や写真の使い方などセンスが光る名刺デザイン

名刺作成例を見る (via Pinterest)

一色刷りの写真を色違いで組み合わせたり、丸をモチーフにするなど全体的にハイセンスな名刺になっています。自分の顔を認知してもらうための写真というよりは、アート的な要素が強い写真ですね。ハッキリとした赤とくすんだ水色のコントラストが印象的ですね。これをどちらか一色でまとめてしまうとかなりシンプルなデザインになりそうですが、このように二色を組み合わせることでガラリと雰囲気が変わります。情報部分のタイポグラフィーは文字の間隔を少し広く取ることで、全体に適度な余裕を感じさせるようにしています。

写真の部分などにデザインをたっぷりと施しているので、もしもこれよりも文字間が詰められていると、圧迫感を感じてしまいうるさい印象になってしまうでしょう。名前部分は文字間隔が狭目になっていますが、これはほかの部分と差別化することで名前を目立たせるために敢えてこのようにしていると思われます。こうして見ていくと、ただ目立つだけの名刺ではなく細かい部分まで考えられているデザインですね。

名刺作成例を見る (via Pinterest)

余白を多く取っていたりタイポグラフィーを小さめにまとめていたりとミニマルデザインが特徴的な名刺。自分のことをシンプルにわかりやすく相手に伝えたい場合には、名刺にミニマルデザインを取り入れるのは効果的と言えるでしょう。余計なデザインを入れずにシンプルにしていることで、SNSアイコンのように丸く形取られた写真部分に目がいきますね。大きく写真を載せなくても、ほかの部分をシンプルにして自然と写真に注目を集めることで、シンプルでありながらもしっかりと自分をアピールできる名刺デザインが作れます。

また、この写真の男性は黒縁眼鏡とスーツを着用することで、モノクロ写真にしたときに名刺のデザインと馴染むようになっています。写真を撮る際には、そういった部分にも注意してみると良さそうですね。

 

女性の自然な美しい肌を背景にしたショップカード作成例

名刺作成例を見る (via Pinterest)

ご紹介するのは、オーガニックスキンケアのショップカードです。美しい女性のバストショットがモノクロで背景に使われています。艶のある自然な美しさの肌が目を惹きます。女性の写真にかぶせるように、ブラウンの長方形が中央に配置されており、キャッチコピーがその上下に配されています。『Belle cour』、フランス語で『美しい中庭』という意味です。このブラウンの長方形はチラシで唯一色がついているために、自然とそこに目が止まり、キャッチコピーへと視線を誘導します。まず視線が行くのは上半分にある『Belle』、美しいという言葉です。背後の上を向いている女性の顔が美しさを追求する姿を暗示しており、カードを見る人の共感を誘います。

空間を挟んで下半分には『ORGANIC SKINCARE』と書かれており、これはショップカードで訴求したいメインの要素です。あえて仔細に記載しないことで、ブランドに興味をもった人がカードの裏をめくるよう、動機づけをしています。こうしてみると、ブラウンの長方形の上と下にキャッチコピーが分けられているのは意図的なもので、見る人を惹きつける上半分と、裏面の詳細な情報へと誘導する下半分とに、カードを二分する役割があります。帯や仕切り線を使わず、空間で情報要素を分けている、秀逸なショップカードデザインです。

 

「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のデザイン制作事例をピックアップして紹介しています。※当ページは世界中のデザイン制作事例を紹介するコンテンツです。当サイトのデザイン実績ではありません。

ショップカード・名刺のデザイン料金と作例

ショップカード/名刺の作成について
お店の宣伝やブランディングに欠かせないショップカードの作成、ビジネスシーンで欠かせない名刺の作成、カードタイプの販促ツールはお任せください。カード・名刺作成の代行・委託・外注については気軽にお問い合わせください。

ショップカード/名刺デザインの作成例はこちら
過去のショップカード作成例、名刺作成例をご覧いただけます。リーズナブルな飲食店から高級アパレルブランドのショップカードまで、イメージにあったデザイン作成を行なっています。名刺も与えたい印象や企業のイメージに応じて、ブランドに沿う名刺デザインを作成しています。


ショップカード・名刺デザインの作成依頼〜納品までの流れ

ショップカード・名刺デザインの流れ①

見積もり

作成を希望されているショップカード・名刺の制作枚数や要望等に応じて、見積もりを行います。まずはお問い合わせフォームより連絡をお願い致します。【カード・名刺デザインの制作費用について】グラフィックデザインのみの制作・カード / 名刺印刷込みのデザイン制作、両方の依頼に対応しています。

ショップカード・名刺デザインの流れ②

制作情報の提供

ショップカード・名刺のデザイン制作に必要な掲載文面や素材などを提供いただきます。(掲載文章の考案・アレンジは行なっておりません。法令・業界団体等の広告ガイドラインが存在する場合は、遵守した文章の作成をお願いいたします。)

ショップカード・名刺デザインの流れ③

ショップカード・名刺デザインの作成

ショップカード・名刺のデザイン制作に取り掛かります。完成したデザインの見本データをメールにて送付致しますので、内容を確認いただきます。デザインや文面などに修正などがあれば、適宜追加納期にて対応いたします。

ショップカード・名刺デザインの流れ④

校了・納品

ショップカード・名刺デザインが校了となりましたら、ご入金確認後に印刷手配(またはデータ納品、及びその両方)を行います。(※ショップカード・名刺の印刷は外部印刷会社へ委託となります。印刷・入稿手配の代行費用等はサービス料金に含まれています。)



error: